2010年11月19日

みんなのおこづかい王国の紹介

みんなのおこづかい王国の紹介

logooukokubana-.png

みんなのおこづかい王国は気楽にお小遣いを稼ぐダウンサイトです。

特徴としては @まづはお小遣いを稼ぐサイトですので、数多くの案件が揃ってます!

Aダウンサイトなのでお友達を沢山作ると、お小遣いがその分増えます。

Bさらにランク(旅人、村民、村長、郡長)があり、友達の数で昇格します、また位によりお小遣いの取り分は増えます!

みんなのおこづかい王国無料入会はここから

稼ぎ方は自分で登録をし承認を多く取ること($が貯まります)。 お友達(ダウン)をブログ、メール,SNS等でPRして沢山集めること(これでも$が増えます)。

みんなのおこづかい王国無料入会はここから

無料入会をして一緒にお小遣いを気楽に貯めませんか!
posted by doubin at 10:10| アフィリエイト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

宇多田ヒカルが監督デビュー!「Automatic」をほうふつさせるその内容!

・宇多田ヒカルが監督デビュー!「Automatic」をほうふつさせるその内容!

41ZGZZNDQAL._AA75_.jpg

 [シネマトゥデイ映画ニュース] アーティスト・宇多田ヒカルが、自身の楽曲「Goodbye Happiness」のプロモーションビデオ(以下PV)で、初めて監督を務めたことがわかった。宇多田は、「ど、どうかみんな笑ってくれますように…」と願いを込めて自身のツイッターで初メガホンを報告した。気になるその内容はいかに!?

 おそらく宇多田の部屋という設定の個室に入って、「自分撮りカメラ」の位置を上方修正する宇多田。その後「A HIKARU UTADA PRESENTATION」と書かれたブラックボードを手にする彼女の姿から本PVは始まる。

 PVは宇多田のYouTubeオフィシャルチャンネルに掲載されているのだが、情報欄には「宇多田ヒカル(宇多田光)初監督作品」と本名の表記も。「表現者としての『宇多田ヒカル』がコンセプト」とも明記されており、彼女の才能あふれる映像であることを予感させる。

 映像にはキュートなパペットが登場したり、宇多田の好きな「くま」を宇多田自身が頭に被った姿が披露されたりとにぎやかな印象。特に注目なのは簡単な振り付けで、アイドルばりに踊る宇多田の姿。途中、画面内に収まるためにかがみながらダンスするシーンもあり、くしくも大ヒットシングル「Automatic」のPVをほうふつさせる。

 今月24日に発売される「Utada Hikaru Single Collection Vol.2」に収録され、先行デジタルシングルとして配信中の本楽曲。PVの解禁を「ドキドキっす…」と語り、活動を休止するとは思えないほどパワフルな宇多田の姿が本PVには存在している。

画像Goodbye Happiness 「宇多田ヒカル(宇多田光)初監督作品」
posted by doubin at 05:00| 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月30日

<爆笑問題>太田光「夢だった」作家デビュー 売れたら解散? 短編集「マボロシの鳥」発売

<爆笑問題>太田光「夢だった」作家デビュー 売れたら解散? 短編集「マボロシの鳥」発売

 お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光さんが29日、作家デビュー作となる短編集「マボロシの鳥」(新潮社)を出版し、会見を開いた。太田さんは「小説家になるのは夢だった。(世間の評価が)ダメでもいい本が出せたという気持ちになれた。あとは死んでもいいや」と喜びを語り、「売れたら爆笑問題をやめて、小説家一本でいくか?」という質問に「あります。印税生活は夢なので」と即座に回答していた。

 「マボロシの鳥」は、芸人の一瞬の輝きを一羽の鳥に託した表題作、砂漠とテロの国で守りたいものを問う「奇跡の雪」、いじめに遭う高校生のプライドを描く「ネズミ」など、太田さんが1年半かけて書きためたという短編9編を収録。四六判で292ページ、1575円。ビートたけしさんや作家の角田光代さんらが帯に推薦文を寄せている。

 「芸能界きっての読書家」という太田さんは、周囲から批評がないとぼやいた後で、「(批評してほしいのは)村上春樹さんで、大ファンです。村上さんより早くノーベル文学賞をいただきたい」とジョークを飛ばしながら、「全部読んでいます。ぜひ感想を」と呼びかけていた。
posted by doubin at 17:46| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月29日

10代初3冠 里見女流王将「まさか勝てるとは」(将棋)

10代初3冠 里見女流王将「まさか勝てるとは」(将棋)

snk20101029042thumbsatomikana.jpg

 将棋の清水市代女流王将(41)に里見香奈女流名人・倉敷藤花(18)が挑戦していた第32期女流王将戦三番勝負の第2、3局が清水女流王将先勝の後を受けて28日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で行われ、里見女流2冠が午前と午後の対局で2連勝、対戦成績を2勝1敗として女流王将を奪取。10代(18歳7カ月)初の女流3冠となった。女流棋界のこれまでの3冠最年少記録は、平成6年に、清水前女流王将が達成した26歳。


 里見女流3冠は平成4年、島根県出雲市生まれ。森●二九段門下で、20年高校2年で倉敷藤花を取り、昨年初防衛。今年2月、清水前女流王将から女流名人も奪取し2冠となっていた。

 今春、高校を卒業したばかりで大学には行かず、故郷の出雲市で暮らしている。将棋の勉強は、棋譜並べやインターネット対局、詰め将棋などが中心で、実戦の経験はまだまだ少ない。

 カド番を迎えながら、最終局で大逆転というドラマチックな展開に、「清水さんはあこがれの先輩で、タイトル戦を戦えるだけでも幸せなのに、まさか(2、3局と続けて)勝てるとは思っていませんでした」と喜びをあふれさせていた。
posted by doubin at 17:55| エンタメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

正男氏、北朝鮮崩壊を示唆? =親密な関係者に漏らす

正男氏、北朝鮮崩壊を示唆? =親密な関係者に漏らす

10月26日(火)14時20分配信
【ソウル時事】韓国大統領の諮問機関、民主平和統一諮問会議の李基沢首席副委員長はベルリンで25日に講演し、北朝鮮の金正日労働党総書記の長男正男氏が北朝鮮の体制崩壊の可能性を念頭に置いているとの話を聞いたことを明らかにした。聯合ニュースが26日報じた。
 李氏は先月マカオを訪問した際、正男氏と親密な関係者から、金総書記から三男正恩氏への権力世襲に対する正男氏の考えを聞いた。
 この関係者が「父親の体が悪いのになぜ平壌に行かないのか。バトンタッチしに行く必要があるのでは」と問うと、正男氏は「バトンタッチするのは嫌だ。(北朝鮮は)滅びるのに。長続きすると思うか」と答えたという。
posted by doubin at 05:00| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

「腐敗反対」中国2都市の反日デモ、政府批判も

「腐敗反対」中国2都市の反日デモ、政府批判も

   2010/10/24 19:49
 中国の甘粛省蘭州市と陝西省宝鶏市で24日、それぞれ数百〜千人規模の反日デモがあり、若者らが「釣魚島(尖閣諸島)を守れ」「日本製品ボイコット」などと叫んで市内を行進した。両市ともインターネットで事前にデモが呼び掛けられていた。

 宝鶏のデモでは参加者が反日スローガンを叫ぶ一方で「官僚腐敗に反対」「住宅価格高騰を抑制しろ」などと政府批判の横断幕も掲げており、中国で深刻化している収入格差の拡大や汚職への不満が強いことをあらためて裏付けた。 

ネットで24日の反日デモが呼び掛けられていたのは蘭州、宝鶏のほか江蘇省南京市、湖南省長沙市、湖北省武漢市など。中国当局は反日デモが拡大すれば政府批判や社会不安が広がるのは必至とみて、呼び掛けがあった都市や北京の日本大使館、各地の日本総領事館周辺で引き続き警備を強化していた。(共同)


チベット族デモも拡大 中国語教育の強制に反発10月24日(日)21時11分
【北京=川越一】反日デモが続く中国で、少数民族による政府への抗議デモも広がりをみせている

中国語による授業を義務づける教育改革に対しチベット族が反発し、青海省チベット族居住区で火がついた学生による抗議行動が首都北京にも飛び火した。民族同化をもくろむ当局のいき過ぎた教育改革が、漢族への不信感を増幅させている。 

チベット独立を支援する国際団体「自由チベット」(本部・ロンドン)によると、青海省黄南チベット族自治州同仁県で19日、民族学校の高校生ら5千人以上がデモ行進し、「民族、言語の平等」を訴えた。20日には同省海南チベット族自治州共和県で学生が街頭に繰り出し、「チベット語を使う自由」を要求。22日には、北京の中央民族大学でも学生がデモを敢行した。

 英BBCによると、24日には黄南チベット族自治州尖扎県で民族学校の生徒に教師も加勢し、総勢千人以上が教育改革の撤回を求めてデモを強行、治安部隊が出動する事態に発展した。

 発端は9月下旬、青海省が省内の民族学校に、チベット語と英語以外の全教科で中国語(標準語)による授業を行うよう通達したことだった。教科書も中国語で表記する徹底ぶりで、小学校も対象という。

 当局の中国語教育の強化の背景には、中国語が話せないため職に就けないチベット族が少なくないという現状がある。就職難はチベット族と漢族の格差をさらに広げ、それがチベット族の当局に対する不満につながっているのも事実だ。

 しかし、2008年3月、チベット自治区ラサで発生したチベット仏教の僧侶らによる大規模騒乱が示すように、中央政府のチベット政策に対するチベット族の不満、漢族に向けられる嫌悪感は根強い。 

今回の教育改革も、チベット族学生の目には「漢族文化の押しつけ」「民族同化の強要」と映っているようだ。「自由チベット」は中国当局がチベット語の“抹殺”を図っていると主張している。

 同省共産党委員会の強衛書記は21日、黄南チベット族自治州で学生代表と座談会を開き、「学生たちの願いは十分尊重する」と約束した。中国当局が反日デモ同様、教育改革に対するチベット族の抗議デモが、体制批判に転じることについて懸念している状況をうかがわせる。

注・無理な押しつけはほころびが出る、中国共産党の幹部の頭の中を民主化に変える事を早急に望む!
posted by doubin at 09:07| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野口、2年5か月ぶり復帰戦 涙の激走…実業団女子駅伝

野口、2年5か月ぶり復帰戦 涙の激走…実業団女子駅伝


view0020308nogutimizukiekiden.jpg

 ◆実業団女子駅伝西日本大会(24日、福岡・宗像市役所発着=6区間42・195キロ) アテネ五輪女子マラソン金メダルの野口みずき(32)=シスメックス=が24日、実業団女子駅伝西日本大会(福岡・宗像市役所発着=6区間42・195キロ)で、08年5月の仙台ハーフ以来2年5か月ぶりの実戦復帰を果たした。強い雨が降る中、3区の10・5キロを34分15秒の区間5位でタスキリレー。チームも2時間19分15秒の総合3位に入り、シスメックスとしては初の12月の全日本実業団対抗女子駅伝(岐阜)の出場権を獲得した。 

笑顔、そして時々涙で野口が帰ってきた。レース前は「棄権も考えた」と、まだ完調ではない状態の復帰戦は声援を力に変えて爆走した。3位でタスキをもらうと、最初の1キロを3分5秒の猛ペース。強い雨の降る悪条件に最後はペースが落ちたが、10・5キロを34分15秒の区間5位でつなぎ「沿道から名前を呼んでもらえてうれしかった。(最後は)個人のレースならずるずる落ちたと思うけど、チームだから頑張れた」と、胸を張った。

 08年5月の仙台ハーフ以来、2年5か月ぶりの実戦。左太ももの肉離れで欠場した北京五輪以降は、故障を繰り返し「引退も考えた」という。傷だらけの女王を支えたのは、ファンやチームメートの応援。「苦しいときに本当に支えになった。この2年間で精神的に強くなりました」と感謝。チームは2時間19分15秒の3位に入り、シスメックスとして初の全国切符を勝ち取った。アンカーの西川生夏(せいか、23)がゴールに入ると「頑張る姿に励まされた」と思わず涙を見せた。 

次戦は全日本実業団対抗女子駅伝が濃厚で、個人としての本格復帰は年明けのようだ。それでも不屈の金メダリストは「ロンドンに向けて気持ちは切れていない。まだいけると思います」ときっぱり言い切った。
posted by doubin at 08:07| スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

橋下知事「上海万博行く、手違いでお騒がせと」

橋下知事「上海万博行く、手違いでお騒がせと」

f55d20802b9ea2f4hasimototiji.jpg

 大阪府の橋下徹知事が上海万博の閉幕イベントへの招待を万博事務局からキャンセルされた問題で、橋下知事は21日、中国側から改めて招待を受けたことを報道陣に明らかにした上で、「断る理由はない。日中がこういう(緊迫した)状況だからこそ上海に行き、政府間で話をする礎を築きたい」と述べた。

 29日〜11月1日の日程で、31日に開かれる上海万博サミットフォーラムで講演するという。

 橋下知事によると、中国総領事から「万博事務局の手違いでお騒がせした。招待の意思は全く変わらないので、中日友好のためにぜひお越し下さい」と連絡があったという。知事は「信頼が崩れるのは簡単だ。万博に出席し、意見交換する中で築いていければいい」と話した。
最終更新:10月21日 (木)15時35分
posted by doubin at 17:30| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

AKB48秋元才加ちゃんが『笑っていいとも』の観客に無視されていると話題に

AKB48秋元才加ちゃんが『笑っていいとも』の観客に無視されていると話題に

ゲームクリエイター広井王子さん(56歳)とのお泊りが報じられ、世間から大注目されている人気アイドルグループ・AKB48の秋元才加ちゃん(22歳)。彼女はフジテレビの生放送番組『笑っていいとも』のレギュラー出演者でもあり、かなりの人気アイドルとなっている。

そんな彼女がお泊り報道後に『笑っていいとも』に出演したところ、信じられない現象が発生した。才加ちゃんが登場シーンで観客に挨拶をするも、観客がまったく無反応。つまり無視状態だったのである。そんな凍りつく空気に気がついた才加ちゃんは驚くものの、「キャハハッ!」と笑い、自分で自分をフォローするという状態に陥ったのだ。

そのときの『笑っていいとも』を実際に観てみたが、確かに才加ちゃんが挨拶をしても観客は無反応だった。タレントがひとりひとり挨拶をしていくなか、拍手や声援が聞こえなかったのは才加ちゃんだけで、非常に気まずい雰囲気となっていた。

これほどまでに観客が無視するという出来事は極めて珍しい。歌手の中森明菜さんがとあるタレントと交際していると報じられた際、生放送番組『ベストテン』で「帰れコール」が観客から明菜さんに飛び交ったという事があったが、今回の無視という手法は(意図的なものなのであれば)稀である。

これに対してインターネットユーザーたちは「シビアだね」や「深津絵里だって昔無視されてたぞ。レギュラーではないが・・・」、「芸能人ってすげーな。俺ならこんな事態になって人様の前に出れないわ」、「騒動がなくてもこんなもんだろ。一般人にAKBはウケないんだよ」、「普通女子が出たら、いいともならカワイーって言うもんだけどなw」、「胸が痛くなる」などの意見をコメントしている。
posted by doubin at 17:23| 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。